小論文は受験する学校に合わせて作成しよう

小論文の違い

勉学

作文と小論文の違い

小・中学校で書くことが多い作文は自分の体験や感情などを中心に書いていきますが、小論文の場合は客観的な視点や論理的な考えで書いていきます。そのため、書く内容が別の視点になってしまう場合があるのです。その他にも、作文の場合は文体を「だ・である」調か「です・ます」調のどちらか一方で書くことが可能ですが、小論文の場合は常体と呼ばれる「だ・である」調に統一して書かなければいけません。

看護系学校の小論文を書く場合

一般大学を受験するときに使う小論文と、看護系学校を受験するときの小論文の書き方には違いがあります。一般的な学校の場合、小論文を書くときは序論・本論・結論がしっかりと書かれていることで高い評価を受けることができます。しかし、看護系学校の場合は、正確に事実を認識することができているか・その事実を伝達する能力はあるかという部分にポイントを絞って採点することがあります。

なぜ書き方に違いがあるのか

看護系学校と一般大学とで書き方が違う理由は、目的にあります。一般大学の場合、自分でテーマを見つけそのテーマの解決策や事実論などに基づいて証明し主張していきます。しかし看護系学校の場合、小論文の書き方が直接的に業務に関係するため伝達能力と正確な情報認識が必要になります。看護職につくと、受け持ち患者の容態や治療に関する情報をしっかりと正確に把握し勤務交代時に次の人に伝えなければいけません。そのため、適切で正確な判断能力と誰にでも分かりやすいように伝える伝達能力が大切になってくるのです。誰が読んでも感動で呻るほどの仕上がりを目指しましょう。

上手く書くコツを探る

学生

小論文を書く時に必要な力

小論文を書くときは、書き方のコツなどを利用して書いてみましょう。

READ MORE

小論文を書く時に気になること

作文と小論文は何が違うの?

作文と小論文は、文章の書き方や視点が違います。作文と小論文の違いが良く分からないという人は、インターネットなどで調べてみましょう。

資料や本を参考に小論文を書くって本当?

本当です。題材となる本や資料は、受験する学校によって内容が違うためどんなパターンの題材でも書くことができるように練習しておきましょう。パターン練習をするときは、他の人の小論文を参考にしてみましょう。

必ず正しい書き方をしないといけないんでしょうか?

基本となる書き方はありますが、場合によっては少し書き方に工夫をしてみるのも良い方法です。工夫をするときは、アウトにならない範囲で変えてみましょう。ズレてしまうと、評価を下げる原因になってしまいます。

本を読めば力が身につくと言われたけど本当なの?

それは本当のことです。本を読むことで、読解力や創造力を養うことができます。また、文章能力や構成能力を身に付けるときにも役立つため、なるべく沢山の本を読むようにしましょう。

インターネットで小論文の書き方を調べることはできますか?

インターネットでも、小論文の書き方や書くときのポイント・コツなどを調べることができます。インターネットなら、気軽にいつもで調べることができるため、移動中などを利用して勉強してみて下さい。

広告募集中